医師の求人はその病院の形態を知ることが大切な理由とは

勤務体制によっては専門外の分野も担当することに

医師 求人 | 医師 求人・転職

医師の求人で応募するなら病院の規模の確認が大事勤務体制によっては専門外の分野も担当することに就職を決める際は事前に体制を把握して判断すること

これが医師になると入院患者の世話という雑務は行うことはありませんが、専門分野以外の業務を担う割合が多くなってしまうので注意した方がいいでしょう。
救急搬送される患者については状態が完全に把握されていないので、あらゆる可能性を考慮して初見で知ることができる症状だけの専門医が対応するわけではなく、全く関係がないような専門医も集合して状況観察に付き合う必要性があります。
例えば出血が見ただけではわからなくても内出血ということがあるので、脳外科医や心臓外科、循環器科の関係者も招聘されたりもします。
そこでは関係ないからとただ見ているだけでいいということはなく、心臓マッサージなどできる範囲で手助けを行っています。
そこで別の患者からの要請があればそちらにも対応しなければいけなくなり、どちらを優先させればいいのか困惑してしまうでしょう。
また、常に稼働している病院では当直が必要になり、人材が豊富にいる場合には専門の担当医がいるのでいいのですが、いなかったり突発的に退職すると自分が当直医を行わなければいけないケースが生じてきます。
この当直医で問題なのは専門分野でなくても診察を行わなければいけなくなってしまうことであり、元々から大学や研修医の段階では基本となる分野については実地で体験していますが、一人前になって専門医としての道を歩みだすとそのような他の分野に対する経験が少なくなってしまいます。